金は高値、プラチナは・・・ ・株取引に有益な国内外の株価・経済・FX・為替などの最新情報や関連情報を独自の視点で綴ります。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金は高値、プラチナは・・・


金が好調なんですね。知りませんでした・・・株に気をとられ

田中貴金属工業は、2009年の投資用金地金、プラチナ地金の販売量と買取量の数値(指数)をまとめた。

金地金の2009年の平均価格は2951円/グラムと、1983年の平均価格3296円/グラム以来、26年ぶりの高値を記録した。

金はリーマンショック後の欧米各国の政府の経済支援対策への期待感、中央銀行の低金利政策、それによるインフレ懸念からほぼ上昇基調で推移した。日本でも、8月以降円高を飲み込む勢いで高値推移し、12月3日に1983年以来の最高値となる3475円/グラムを記録した。

26年ぶりじゃないですか。
一方、プラチナ地金の平均価格は3717円/グラムで、2005年以来、4年ぶりに4000円台を割り込んだ。プラチナ地金の売買状況は、上半期は販売量が値ごろ感から好調で、同3.6倍。下半期は買取量が4000円台で活発になり、同2.3倍となった。

通年では、販売量は2008年に比べ25%減だったが、2007年実績と比べると3.97倍という高い販売量を記録した。買取量は、過去20年間の最高年間取引量であった2008年に比べ24%増となった。

プラチナはむしろ買いなんですね。
(引用:carview
スポンサーサイト
Copyright © 株★勝ち組情報 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。