FC2ブログ

「カカクコム」のビジネスモデルに注目・株取引に有益な国内外の株価・経済・FX・為替などの最新情報や関連情報を独自の視点で綴ります。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「カカクコム」のビジネスモデルに注目


少しでも安く買いたい。日本で一番安い買い物をしたい。
そんな皆さんも一度は利用したことがあると思います「価格.com」に注目!


不況を追い風に好調な業績を続けているのが、価格比較サイトを運営するカカクコムだ。同社の強みはどこにあるのだろうか。

 国内最大級の価格比較サイト「価格.com」を運営するカカクコムの調子が良い。利用者数が順調に増加し、収益は拡大基調だ。10年3月期2Q累計(09年4~9月)の連結業績は、売上高が前年同期比36%増加、営業利益が同37%増加した。

一度覗いてしまうと、つい癖になっちゃいますよね。
でも最近では「食」もやっているんですね。
知らない間に利用してました。


 近年ではレストラン情報の口コミサイト「食べログ」の利用が急増しており、掲載店がサイト上でPRできるサービスの課金収入が増加したほか、物件数国内最大級の賃貸物件検索サイト「スマイティ」も収益を下支えして、広告業務の売上高は同18%増加した。

 同社は近年、消費に関連する分野へ幅広くサービスを拡大しており、新ジャンルの開拓を進めている。「食べログ」や「スマイティ」の収益への寄与は、その戦略が順調に進んでいることを意味している。とくに「食べログ」は同社の主力サイト「価格.com」に並ぶサイトへと成長しつつある。昨年の11月PV(ページビュー)数は前年同月比2.2倍の2億3000万PV。同ジャンルで首位の「ぐるなび」に迫る勢いだ。

最安値もさることながら、やはり他人の評価も知りたい情報のひとつですよね。
新サービスが好調の同社だが、それでも事業の中心はやはり「価格.com」。同サイトは、パソコン・家電製品を中心にさまざまな製品やサービスの価格を比較する、日本最大級の価格比較サイトだ。すでに比較サイトとして知名度は浸透しているが、近年も不況が追い風となり、これまで価格比較サイトをあまり使用していなかった50歳代以上の年代層を取り込み、着実にユーザー層を増やしている。

 同社のビジネスモデルの強みは、ライバル他社が真似できない事業の仕組みにある。一般的な価格比較サービスは、ネット上にある価格情報を拾い、安い順番に並べる「ロボット型」と言われるもの。しかし同社の場合は、パソコン販売店などの参加店舗が、競合する他店舗の動向を見ながら値付けしていくことで商品価格が競り下がっていく、いわば「逆オークション形式」ともいえる形態を採用している。このビジネスモデルでは、規模と時間が要求されるため、後発企業は参入しづらい。

確かにあれだけ便利なサイトなのに、類似サイトを見たことがない。
今の時代にきれいにマッチしたんですね。


 もともと同社のビジネスは、創業者の槙野光昭氏がパソコン周辺機器メーカーに勤務していた時に、秋葉原で1店舗ずつ歩き回り、店頭で商品の値段をチェックし、その情報をインターネットサイトで開示したところ、多くのネットユーザーに喜ばれたことが起源となっている。地味な作業の積み重ねが、ライバル他社を寄せ付けないビジネスモデルの強みにつながったといえるだろう。

同氏のサイトかは不明ですが、メモリが高い時代にそんなサイトを利用していたことがあるなあ。
8MBとか16MBが数万円の時代に・・・

(引用:ライブドアニュース

マーケットビュー
─────────────────────
日経平均 10,198.04 -216.25
NYダウ 10,067.33 -53.13
米国ドル 90.19
ユーロ 125.00
─────────────────────
(1月31日時点)
スポンサーサイト
Copyright © 株★勝ち組情報 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。