ビックカメラ、純利益73%増・株取引に有益な国内外の株価・経済・FX・為替などの最新情報や関連情報を独自の視点で綴ります。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビックカメラ、純利益73%増


消費税ショックが和らいできたということか。
日本の景気もよくなる兆しですかね。


ビックカメラは14日、2016年8月期の連結純利益が118億円と前期比73%増え、2年ぶりに最高になる見通しと発表した。昨年の消費増税後に落ち込んだエアコンや冷蔵庫、洗濯機など白物家電が持ち直し、理美容家電の販売も増える。子会社コジマの繰り延べ税金資産の取り崩し、店舗の減損処理に伴う特別損失もなくなる。

売上高は3%増の8200億円になる見通し。訪日客(インバウンド)需要で時計や玩具、医薬品なども伸びる。

[PR]
竹中平蔵さん監修の経済動画サービス
インバウンド関連はビックカメラ単体売上高の12%程度を占めると想定している。会見した宮嶋宏幸社長は「昨年10月からの免税緩和の影響がなくなるので伸びは鈍化していくだろうが、引き続き中国人観光客の旺盛な消費が見込めそうだ」と話した。

またインターネット通販では、コジマとビックカメラとの提携で在庫数を増やし、連結のネット通販売上高を100億円ほど上積みする考えだ。

同日発表した15年8月期連結決算は、売上高が前の期比4%減の7953億円、純利益は31%減の68億円だった。

やはり、爆買の影響も大きいのか。
白物家電と爆買(中国経済)の様子も考慮して、見ないといけませんね。


(引用:日本経済新聞


スポンサーサイト
Copyright © 株★勝ち組情報 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。